お月見


昔から、お月見は秋の楽しみのひとつ。
今年のお月見はおだんごを作って、家族そろって、情緒を楽しみましょう。

お月見といえば、「中秋の名月」ですが、これは旧暦の8月15日(現在の9月20日頃)の満月のこと。平安時代に中国から日本へ伝わって貴族を中心に月見の宴が催されました。後に室町時代から庶民にも広がり、単にお月見だけでなく、秋の豊作を願う行事として広まっていきました。これが「十五夜」です。

また、旧暦の9月13日(現在の10月15日頃)には「十三夜」というのがあり、これは日本独自の風習。満月ではなく少し欠けた月を見ます。正式なお月見はこの両方の月を鑑賞することであり、片方だけ見ることを「片見月」といい、嫌われていました。

「十五夜」は「いも名月」ともいわれ、かつては月にさといもをお供えしていました。当時、さといもは日本人にとって、とても重要で主食に準じた食べもので、
一方、「十三夜」は「豆名月」、「栗名月」といわれ、おだんごの他に枝豆や栗などを供えていました。また、おだんごの数は「十五夜」には15個、「十三夜」には13個と言われていますが、地方にとって違いがあるようです。

また、お月見には「秋の七草」も飾ります。春の七草はすべて食べられるものですが、秋の七草は見て楽しみます。七種類は「萩、桔梗、薄、撫子、女郎花、葛、藤袴、秋の七草」と覚えましょう。

今年2013年の十五夜は9月19日、十三夜は10月17日です。この時期は空気も澄んで、月がとてもキレイに見えます。おだんごを作り、すすきだけでも飾って、家族でお月見を楽しみましょう。

【文 参考:笑う食卓 SPECIAL 2】